商品の価値を向上させる【オーダーメイド紙袋】

材質から加工まで

オーダーメイドの紙袋は紙剤の材質から、表面の加工法まで選ぶことが出来ます。複数の組み合わせが生まれることによって中に入れる商品に合う紙袋を作成することが出来るのです。

オーダーメイド紙袋で人気のある素材ランキング

no.1

1位「コート紙」

オーダーメイド紙袋で一番人気のある素材は「コート紙」になっています。コート紙は光沢のある紙剤になっており、上品さを演出することが出来ます。印刷適正が高いという点も人気の理由になっていますよ。

no.2

2位「晒クラフト紙」

晒クラフト紙はフルカラーの印刷に適している紙剤です。ラミネート加工と合わせることによってより美しさが向上するといった利点があるので、ランキングでも2位になるほど人気を集めています。

no.3

3位「未晒クラフト紙」

未晒クラフト紙は最も多く出回っている紙剤になっています。素朴な紙袋として利用することが出来るので、飲食店のテイクアウト用の紙袋によく利用されています。

no.4

4位「片艶晒クラフト紙」

はっきりとした光沢こそありませんが、ナチュラルテイストのブランドに合う紙剤として片艶晒クラフト紙は人気があります。アパレル業界でも利用されることが多いです。

no.5

5位「半晒クラフト紙」

一見すると封筒のような紙剤の半晒クラフト紙は人気ランキング4位の未晒クラフト紙に近い紙剤です。こちらもテイストとしてはナチュラルよりなので、雑貨屋などと相性の良い紙袋として人気があります。

商品の価値を向上させる【オーダーメイド紙袋】

インク

紙袋の価値

お店の利益、企業のブランドともいえる商品を入れて運ぶものをただの紙袋と思っているのであれば考えを改めるべきでしょう。店舗で扱う品物は全て会社の評価に繋がるのです。

経営戦略の一部

上品なデザインの紙袋を持っている方を見かけると「何が入っているのだろう」と多くの消費者は考えます。実際に中身が安価なものであっても見た目による効果は大きなものとなるのです。

商品の価値を高める

デザインの良い紙袋は中身の商品の価値も高めてくれます。見た目は気分の高揚にも繋がり、やがて満足度に結び付くのです。たった紙袋一枚で企業に与える恩恵は大きなものとなります。

オーダーメイド

紙袋をオーダーメイドする時は、商品のコンセプトをしっかりと考えて作成しましょう。商品とデザインがマッチすることで相乗効果が生まれ、利益の向上に貢献することが出来るのです。

広告募集中